冬は粉ふいて大変…そんな乾燥肌さんに合ったボディケアとは?

冬は粉ふいて大変…そんな乾燥肌さんに合ったボディケアとは?

冬の乾燥肌のボディケアには細心の注意が必要です。特におふろでのボディケアと、あがった後のボディケアは、肌を乾燥させないためにとても大事。しっかりと見直してみましょう。

乾燥肌のおふろでのボディケアのポイント

入浴は体によいことが多いのですが、肌にはダメージを与えます。乾燥肌をひどくしないように、上手な入浴をしましょう。

入浴の温度や時間に気をつける

肌は皮脂で守られています。30度を超えると皮脂はゆっくり溶け出すといわれますから、熱いお湯に入るとあっという間に流されてしまいます。お湯の温度は体温ほどに設定し、長時間つからないようにしましょう。

ただ冬場などでゆっくりつからないと温まらないときは、体を温めることを優先させ、入浴後のボディケアを十分におこなうようにしましょう。

細心の注意で体を洗う

皮脂とともに肌を守っているのが角質層。角質層は役目を終えるとはがれ、それを”アカ”と呼びます。お風呂できれいにしたいと思って、角質層がふやけてからこすり落とすのは乾燥肌にはタブー。健康な肌の人も気をつけた方がよいでしょう。

体を洗うタイミングは、湯船に入る前。洗浄力は穏やかで、できれば保湿効果のある石けんを充分に泡立て、マッサージするように泡を手で全身につけます。その後は充分に洗い流しましょう。ボディータオルは天然で柔らかな綿素材がオススメ。

天然のスポンジである海綿も柔らかく、乾燥肌のボディケアグッズとしてはよいでしょう。乾燥がひどいときには石けんを使わず、お湯で流すくらいにし、皮脂や角質層にダメージを与えないのが大事です。

入浴剤は油分があるものを

入浴中の肌へのダメージを減らすには、入浴剤に油分があるものを使用するのも効果的です。少量の植物油やバスミルクを上手に使いましょう。保湿成分の含まれたものならば、さらに乾燥肌に優しい入浴剤となります。

健やかな肌を目指して、入浴後は即!ボディケア

マダムレイ セラコン フォーボディ

粉をふくほどの乾燥肌の味方が「マダムレイ セラコン フォーボディ」です

入浴後は水分が蒸発しないよう油分でボディケア

乾燥肌の人は、湿度の高い浴室内で体を拭き、油分を含むボディケア用品でケアをするのがベスト。とりあえず皮脂の代わりに油分で水分蒸発を防ぎます。

肌のことを考えると、皮脂膜を早く作るようにするのが最適。皮脂膜は汗と皮脂でできますが、中でも皮脂に含まれるスクワレンが汗と混ざることでできます。つまり水分とスクワレンを塗れば、皮脂膜とほぼ同じものができるのです。

水分とともにスクワレンを多く含み、入浴後のお肌を守るのが「マダムレイ セラコン フォーボディ」。皮膚になじみやすいスクワレンの力で、乾燥肌にうれしいボディケア用品です。

セラミドを補給して潤いのボディを

「セラコン フォーボディ」は保湿に関わるセラミドを4種類配合しています。

入浴では皮脂が落ちて角質層がふやけ、肌のバリア機能が落ちるだけではなく、角質細胞間脂質(肌の水分の蒸発を防ぐ)の一種、セラミドも流出してしまいます。

そのため、乾燥肌の人は、入浴後に”セラミド”を補うとよいでしょう。お風呂あがりの肌にうるおいを与えます。

乾燥肌は入浴後のボディケアが大事!

入浴で血行をよくすると体の隅々まで酸素と栄養が行き渡り、つややかな肌になります。ただ、肌には少なからずダメージを与えてしまうので、入浴後のボディケアを意識しておこなうことが大切です。

カンテレSHOPPINGでは「セラコン フォーボディ」をはじめ、乾燥肌に嬉しいボディケア用品を取りそろえています。

KTVオンラインモール