保湿成分配合!乾燥肌でも使えるパウダーファンデをご紹介

保湿成分配合!乾燥肌でも使えるパウダーファンデをご紹介

乾燥肌にパウダーファンデはNGのように考えられてきました。でも、今は乾燥肌にしっくりくるパウダーファンデが増えています。乾燥肌=リキッドファンデではなく、ファンデの選択肢を増やしましょう。

乾燥肌もパウダーファンデが合う理由

乾燥肌にはリキッドファンデーションと思いがちですが、乾燥肌の状態は人それぞれ。場合によってはパウダーファンデーションの方が合います。

洗顔で落としやすい

リキッドファンデやクリームファンデの長所はカバー力。なめらかな肌にして、きっちりメイクに仕上げてくれます。ただしきれいにカバーするということは、それだけ顔にファンデーションがついている状態。

つまり、洗顔をしっかりしないとファンデーションが肌に残り、悪影響を起こすかもしれないのです。洗顔をしっかりすれば解決しますが、皮脂も流れやすくなるため、乾燥肌がすすんでしまうことも。

パウダーファンデはナチュラルに仕上げる薄付きのため、メイクオフや洗顔が楽になります。こすることなく落とせるので、肌への負担が少なく、洗顔でつっぱりやすい人に向いているといえるでしょう。

肌への負担が小さい

リキッドやクリーム状のファンデは水分も含むので、水溶性の素材や成分も多く入っています。すべてを自然素材で作ることもできますが、室温でクリーム状にするためにやや堅めの固形ワックスやバターが必要。それがカバー力や栄養価の源でもあります。

パウダーファンデはほとんどが粉。プラスされる素材の量は、粉がバラバラにならないようにつなぎ止める分のみ。シンプルな分、テクスチャーが軽くなるので肌への負担が小さくてすみます。

水分も油分も栄養も含むリキッドファンデは乾燥肌によく使用されますが、とてもデリケートになっている肌には合わないときも。そんなときはパウダーファンデも選択肢の一つに入れましょう。

乾燥肌にはパウダーファンデのオイルプレストを

10min ミネラル パウダーファンデ

ファンデーションに含まれる粉状成分は、水に溶けるものが少なく、油かアルコールに溶けたりなじむものがほとんど。パウダーファンデも大きく分けるとどちらかで混ぜ合わせ、容器に入れてプレスするため、アルコールプレスト、オイルプレストと呼ばれます。

アルコールはその後蒸発しますが、油は蒸発しないので成分として残ります。オイルプレストのパウダーファンデーションは、保湿力に優れ、伸びもよく、乾燥肌にはピッタリ。

しかし含まれる油が酸化しやすかったら逆効果になってしまいます。市販品にオイルプレストのパウダーファンデが少ないのはそれも理由の一つです。

「10min ミネラル パウダーファンデ」に含まれる油は、ホホバ油・パーム油・アルガン油・椿油・オリーブ油と酸化安定に優れる油ばかり。一番多く含まれるホホバ油は、液状のワックスできわだって傷みにくい油分です。

ナチュラルで栄養価が高い成分

10min ミネラル パウダーファンデ」

最近、自然素材にこだわって自分で化粧品を作るという人が増えています。そのような人が見ると驚くのが「10minミネラル パウダーファンデ」の成分。

防腐剤、酸化防止剤、合成香料、合成ポリマー、合成界面活性剤タール系色素を使用していないだけでなく、使われているのは保湿成分を含むものなど肌に贅沢な素材がずらり。洗顔料でオフできるのも乾燥肌にはピッタリです。

10min ミネラル パウダーファンデのご購入はこちら

乾燥肌こそパウダーファンデでナチュラルメイクを

トラブルが起こりやすい乾燥肌ですが、洗顔後のベースメイクでしっかり保湿をし、肌が落ち着いてから化粧にかかれば、パウダーファンデーションでも乾燥することはありません。肌の負担を考えれば、パウダーファンデの方がよい場合もあります。

カンテレSHOPPINGでは「10minミネラル パウダーファンデ」のほか、多くのファンデをそろえています。自分に肌質に合ったアイテムを見つけましょう。

KTVオンラインモール