使ってみた感想 | ピュアフラーレUVプロテクトベース

使ってみた感想 | ピュアフラーレUVプロテクトベース

ピュアフラーレシリーズから登場の、UV化粧下地「ピュアフラーレUVプロテクトベース」。話題の美容成分フラーレン配合で、紫外線対策をしながら手間をかけずに美肌づくりもできるという、人気のUVベースを実際に使ってみました。

ピュアフラーレUVプロテクトベースの特徴

どんな年代でも使えて、どのファンデーション(粉・プレス・リキッド)にも合うという、ピュアフラーレUVプロテクトベース。まずはその特徴について、詳しく見ていきたいと思います。

フラーレンなど美容成分がたっぷり

紫外線やストレスによって体内に発生する活性酸素は、老化の原因となる物質と言われています。フラーレンは、この活性酸素をスポンジのように吸収して消去・無害化する働きがあるといわれ、エイジングケアや美白に役立つとして話題の美容成分です。

他のピュアフラーレシリーズのアイテムと同じく、ピュアフラーレUVプロテクトベースにもこのフラーレンを配合。また、肌を整えて弾力のあるハリ肌に導く5種のビタミンや、保湿成分のローヤルゼリーエキス・スクワラン・加水分解コラーゲンなど、素肌の美しさをサポートする成分もたっぷり配合されています。

こだわりの使用感

「伸びの良さ」「ベタつかないこと」にとことんこだわった心地よい使用感で、さらっとなめらかな手触りの肌に。パール配合でツヤ感のある仕上がりになります。汗や水に強いウォータープルーフタイプ。

ピュアフラーレUVプロテクトベースを使ってみた

基本めんどうくさがりの私、できれば「ずっとすっぴんで」と思ったりするのですが、紫外線も心配ですし、さすがに年齢的にも何もつけずに外出するのはちょっと…。というわけで、下地だけでもほんのり明るく色づくピュアフラーレUVプロテクトベースを試してみます。

深いブルーとイエローの組み合わせが鮮やかなパッケージ。本体チューブには、サッカーボールのようなフラーレン構造のイラスト。スクリュー式のキャップは先の方が若干太くなっているので、持ちやすく立てたときにも安定感があります。

purefullere002

さっそく手の甲で伸び具合をチェック。かなり柔らかめのクリームのような比較的軽めのテクスチャーで、日焼け止めにありがちな粉っぽさもなく、つるつると良く伸びます。

purefullere003

肌になじむとほぼ透明に近くなり、塗ってすぐの状態でもベタつかずサラサラ。写真では判りづらいのですが、光の加減によってパールがきらめくのが見えます。

purefullere004

ピュアフラーレUVプロテクトベースを塗った素肌は、毛穴やシミなどがずいぶん目立たなくなっており、確かにちょっとした外出ならこれでもいけそうです。

purefullere005

ピュアフラーレUVプロテクトベースの感想

配合されているパールのためか、ピュアフラーレUVプロテクトベースだけでも肌がつややかで透明感を感じる仕上がりになります。

SPF21 PA++と、日常には十分な紫外線カット力なのに、紫外線吸収剤を使わないノンケミカルタイプで、肌に負担がかかりにくいのも嬉しいポイント。うるおいもしっかり保たれているようで、時間が経ってもしっとり・モチモチ感がつづきました。

ピュアフラーレUVプロテクトベースは、紫外線対策や美肌メイクはしたいけれど時間をかけたくないという女性にもおすすめの、素肌にもうれしいUVベースです!

≫ピュアフラーレUVプロテクトベースのご購入はこちら

KTVオンラインモール