このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年 下半期のヘアケア売れ筋ランキングTOP5!

2016年 下半期のヘアケア売れ筋ランキングTOP5!

2016年、多くの人々に愛されたヘアケア用品のランキング結果が出ました!さまざまなヘアケア品の中で人気を集めたのは、成分にこだわり、頭皮から元気にしていく商品です。

ヘアケアランキング第1位『ピュアフラーレ エクストラシャンプー&トリートメント』

ピュアフラーレ エクストラシャンプー&トリートメント

2015年・2016年とも、上半期下半期においてヘアケア部門第1位!2016年下半期総合ランキングでも堂々2位を誇るシャンプーとトリートメントです。

”きれい”に敏感な人が注目する美容成分フラーレンをたっぷり配合。”洗う”ではなく”栄養を与える”に主眼をおいた、スキンケア発想のシャンプー&トリートメントです。

栄養が行き渡った潤いある頭皮と髪は、美容成分がしみこみやすくなるという好循環に。リカバリーダメージケア成分で、髪の一本一本をじっくりと美しく整えていきます。

それぞれの目的にあわせて潤い成分を変えるなど、ライン使いで相乗効果が上がる、こだわりの一品です。

『ピュアフラーレ エクストラシャンプー』のご購入はこちら

『ピュアフラーレ エクストラトリートメント』のご購入はこちら

ヘアケアランキング第2位『デンギモリ珍気シャンプー&トリートメント』

デンギモリ珍気シャンプー&トリートメント

2016年、紹介とともに急浮上。上半期ヘアケアランキングでも2位を獲得した、韓方シャンプー&トリートメントが、下半期も好調のまま2位をキープです。

「頭皮や髪に栄養を豊富に与え、健康に良い製品を」というゆるぎない理念から誕生した、”デンギモリ”ブランド。なかでも、刺激を抑えたプレミアムシリーズが「珍気」です。

植物が持つ天然の力を韓国の風土にあわせて利用する”韓方(韓国美容哲学)”にこだわって作られています。

高麗人参やヨモギなどを煎じ、時間をかけて発酵させたものをはじめ、保湿効果のある菖蒲水など、多くの植物由来の原料を使用。年齢によるダメージが感じられる髪にぴったりの商品です。

『デンギモリ珍気シャンプー』のご購入はこちら

『デンギモリ珍気トリートメント』のご購入はこちら

ヘアケアランキング第3位『vefla モイストクレンジングシャンプー&トリートメント』

vefla モイストクレンジングシャンプー&プレミアムトリートメント

2015年には第2位だったシャンプーとトリートメントが、一つランクを落としたものの、2016年も上半期・下半期ともに3位につけました。「徹底した肌への優しさ」を原点に作られた製品です。

veflaモイストクレンジングシャンプーは、ノンシリコンで、ふけ・かゆみを抑える成分を含んだ医薬部外品。それだけではなく、頭皮になじみやすい、真珠とシルクのタンパク質アミノ酸が頭皮に潤いを与えます。

頭皮が健やかになれば、髪も健やかに。より髪を艶やかにするには、植物由来の成分がたっぷりのトリートメントとのライン使いがオススメです。

ヘアケアランキング第4位『爽快柑 薬用スカルプエッセンス』

爽快柑 薬用スカルプエッセンスの商品画像

2015年も好評だった『爽快柑』シリーズ。その育毛剤が2016年下半期のヘアケアランキング4位にランクイン。育毛剤では唯一のランキング入りですから、育毛剤人気No.1といってよいでしょう。

オレンジ油を含む23種類もの植物成分が、頭皮を元気にし、脱毛予防や育毛に力を発揮します。オレンジ油やハーブの成分でとても香りがよく、男女を問わず心地よく使える育毛剤です。

『爽快柑 薬用スカルプエッセンス』のご購入はこちら

ヘアケアランキング第5位『爽快柑 薬用アミノ酸シャンプー』

爽快柑 薬用アミノ酸シャンプー

リンス不要のシャンプーが2016年下半期の5位!シャンプー単独で、多くの人気を集めている商品ともいえるでしょう。

医薬部外品の薬用シャンプーながら、94%以上が天然由来成分。フケ・かゆみを抑える薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムも、甘草から抽出されています。

植物由来の15種類のアミノ酸のほか、19種類の保湿成分でしっとりさらさらの洗い上がりです。石油系の洗浄成分不使用、ノンシリコン、無香料、無着色。優しい洗い心地のシャンプーは、家族全員で使用できます。

『爽快柑 薬用アミノ酸シャンプー』のご購入はこちら

2016年ヘアケア用品は”頭皮に優しい”が大人気

2016年下半期のヘアケア用品ランキング、いかがでしたか?どの商品も”頭皮に優しく”にこだわり、”頭皮を健康にすれば髪の毛も健康になる”というコンセプトは同じです。

そのために、植物の力をさまざまに取り入れているのも、近年の自然志向にマッチしているのかもしれません。2017年はどのような製品がランクインするのでしょうか?カンテレSHOPPINGでは、今年も”きれい”にアンテナを立てて、”ええもん”をご紹介してまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
KTVオンラインモール

関連する記事