「真夜中市場」で”ええやん”と言われた保湿クリームはこれ!

「真夜中市場」で”ええやん”と言われた保湿クリームはこれ!

今回は真夜中市場で人気上昇中の保湿クリーム、「リッチベアクリーム」をご紹介します。美しく潤いのある肌のためには十分な保湿が欠かせません。冬の乾燥する季節もふっくらハリのある肌を目指しましょう。

真夜中市場で人気の「リッチベアクリーム」

成分

真夜中市場でじわじわと人気上昇中の保湿クリームですが、”リッチ”の名前は伊達ではありません。金やクマ油の希少な成分のほか、高保湿成分がずらりと並んだ、肌に贅沢な保湿クリームです。

リッチベアクリームは、金属のなかでも特に錆びにくい金をカプセルに詰めて配合。バリア機能を持つ角質層に美容成分を浸透させることで、肌本来のコンディションを整え、元気な肌に導きます。

カプセル内の金を手のひらでよく混ぜてからお使いください。

クマ油

クマ油

よいものをどん欲に取り込む韓国コスメで、2012年あたりから大注目されている”ベアオイル”。真夜中市場商品でも珍しい”熊の油”です。

世界各地で古くから使われてきた熊の油は不飽和脂肪酸のオレイン酸が多く、室温では液状~柔らかいクリーム状。肌になじみやすく、抜群の保湿力で乾燥から肌を守る天然素材の保湿クリームです。

シア脂

アフリカに広がるサバンナの過酷な環境に育つシアの木。その実の種から採られるのがシア脂ですが、”シアバター”という名が知られているでしょう。

常温でクリーム状のシアバターは、肌の上に薄い保護膜を作ります。全身に使える天然の保湿クリームとして注目されている美容素材です。

水溶性プロテオグリガン

聞き慣れない名前ですが、ヒアロルン酸よりも高い保水力があるといわれる美容成分です。人間の体にも存在するのでなじみがよく、健康でハリのある肌に導きます。

スクワラン

人間の皮脂にも存在し、汗と混ざって天然のクリームと言われる皮脂膜を作るスクワラン。しかし、加齢とともに体内のスクワランは減少していくため補給が必要に。

化粧水で肌が潤っているうちにスクワラン入りのクリームをつければ、皮脂膜が作られます。結果として保湿力がアップ。コエンザイムQ10と同時に使うことで、肌にハリやツヤを与えます。

ユビキノン(コエンザイムQ10)

ユビキノンはコエンザイムQ10のこと。生きていくうえで重要なビタミンなのですが、加齢とともに量が減るのは避けられません。そのため補給が必要ですが、肌への効果を期待するときは、保湿クリームとして塗るのが早道です。

肌にハリを与え、乾燥による小ジワを目立たなくする力に優れている成分です。

ラベンダー油

クマの油配合というとニオイが気になりますが、ラベンダー油を配合で柔らかな香りに。フランス産のラベンダーは華やかな香りで、保湿クリームを塗るのが楽しくなります。

保湿クリームはスキンケアの最後に

リッチベアクリーム

保湿クリームはスキンケアの最後、メイクアップの直前に塗りましょう。保湿クリームの役割は、”肌の水分が蒸発しないようにふたをする”です。化粧水や美容液、乳液で水分をしっかり補給した後、しっとり肌が濡れているうちに塗ります。

塗るときのポイントは3つ。「薄く」「まんべんなく」「押さえるように」。手のひらで保湿クリームを温めて伸ばし、肌を包み込むように押さえて塗るとよいでしょう。

≫リッチベアクリームのご購入はこちら

昔からの知恵を凝縮した温故知新の保湿クリーム

金・クマ油・シア脂・ラベンダー油…。産地で昔から様々に利用されてきたものです。昔の人が”何となくいい”と思ったものの研究が進み、改めて美容や健康によいのが解明されつつあります。

真夜中市場紹介の「リッチベアクリーム」は、昔の知恵と現代の知恵を融合させた保湿クリーム。カンテレSHOPPINGでは、長く愛用できる商品をこれからもご紹介してまいります。

KTVオンラインモール