このエントリーをはてなブックマークに追加

使ってみた感想 |ひそか美人 リフティングシャドウ

使ってみた感想 |ひそか美人 リフティングシャドウ

接着しないからとっても自然!「ひそか美人 リフティングシャドウ」は、ぱっちり二重メイクと華やかパールのアイシャドウが同時にできるスグレモノ。近ごろたるみでボンヤリしがちな目もとに使ってみました。

ひそか美人 リフティングシャドウの特徴

「年齢とともにまぶたがたるんで、いっそう老けてみられがち」「一重まぶたのせいで、なんとなく寂しげな表情に見えてしまう」…

「ひそか美人 リフティングシャドウ」は、そんな悩める目もとを、ぱっちりと華やかに演出してくれる、カンタン&お手軽な二重メイクアイテムです。

接着せずに折り込む

「ひそか美人 リフティングシャドウ」は皮膚を接着しないので、まぶたを閉じてもつっぱることなく、見た目も自然。

それなのにしっかり二重になるのは、皮膚の表面に薄い膜を作ることにより、その部分がまばたきのたびに折り込まれるから。ナチュラルなくっきり目元を長時間キープします。

パール配合で艶めく3カラー

二重メイクと同時にアイシャドウもできる「ひそか美人 リフティングシャドウ」は、どんなシーンにも使いやすい上品な3カラー。配合されたパールが光を反射して、目もとを明るく艶やかに魅せてくれます。

塗りやすいソフトなチップ

「ひそか美人 リフティングシャドウ」のチップは、ふんわりソフトな起毛タイプ。まぶたに優しくフィットして、ムラづきしにくいので、初めてでもカンタンにお使いいただけます。

美容保湿成分でうるおいプラス

ヒアルロン酸・リピジュア・加水分解コラーゲン・加水分解エラスチン・水溶性プロテオグリカン・3種のセラミドと、美容成分、保湿成分もたっぷり配合。メイクしながらうるおいをキープして、デリケートな目もとを乾燥から守ります。

ひそか美人 リフティングシャドウを使ってみた

私はいちおう二重まぶたではあるのですが、二重の幅がミョーに広すぎるため、なんだか眠そうに見えるようです。しかも歳とともに、まぶたにたるみが目立ちはじめ、近ごろはますますボンヤリした印象に。

そこで今回は「ひそか美人 リフティングシャドウ」で、くっきりと美人な目もとづくりにチャレンジしてみました。

リップスティックかネイルカラーのようにも見える、スリムで上品なパッケージは、携帯にも便利そう。まぶたの折り込みを補助するスティックが付いています。

ひそか美人 リフティングシャドウ2

ムラづきを防ぐために、まずはボトルをしっかり振って、さっそく使ってみます。

起毛タイプのチップなので、液体をたっぷり含みながらも、垂れたり飛び散ったりすることはありません。

ひそか美人 リフティングシャドウ3

「ひそか美人 リフティングシャドウ」を塗るときのコツは、目線を落として、できるだけまぶたのシワを伸ばした状態で塗ること。鏡を顎の下あたりで見ながら使うと、塗りやすいかも。

ひそか美人 リフティングシャドウ4

二重に折り込みたい部分に「ひそか美人 リフティングシャドウ」を塗ったら、ドライヤーの冷風をそっとあてて乾かします。

このとき、完全に乾いて膜が完成するまでは、膜がヨレたりくっついたりしないように、目線を落とした状態をしっかりキープ!

ひそか美人 リフティングシャドウ5

「ひそか美人 リフティングシャドウ」が乾いていくにつれて、塗った部分に引き締められるような感覚が。完全に乾いてからまばたきをしてみると、その引き締められた部分が、自然に奥へと“グッ”と折り込まれていきます。

折り込みが足りないときは、補助スティックで少し押し込んであげるとうまく行くようです。

幅の広かった私のボンヤリ二重も、すっきりシャープに見えるようになりました。(※)

ひそか美人 リフティングシャドウ6

※メイクアップ効果によるもの

ひそか美人 リフティングシャドウの感想

「ひそか美人 リフティングシャドウ」は、サッと塗って乾かすだけなので、忙しい朝でも手軽に“ぱっちり華やか目もと”を作れます。とにかく自然なので、人と間近で話すときなども、剥がれなどを気にせず安心してまばたきできるのがスゴイ!と感じました。

一重まぶたや奥二重にお悩みの方はもちろん、私のように年齢によるたるみでボンヤリしがちな目もとが気になる方にも、ぜひオススメしたいアイテムです!

ひそか美人 リフティングシャドウのご購入はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
KTVオンラインモール

関連する記事