乾燥肌の方へ!春のお肌のおすすめお手入れ方法!

乾燥肌の方へ!春のお肌のおすすめお手入れ方法!

「冬は終わったのに、なぜか肌がカサつく…」冬よりも春に乾燥肌が悪化するというお悩み、じつは意外に多いんです。その理由は春ならではの環境にもありますが、もしかしたらもっとも大きな原因は「あなた自身」かも!?

春の乾燥肌は「油断」が原因

厳しい寒さから解放され、ファッションも身軽になる春。うきうきとココロも弾み、何かと気がゆるみがちな季節です。でもじつは、そんなあなたの「気のゆるみ=油断」こそが、春の乾燥肌を悪化させている、いちばんの原因かもしれません。

春もまだまだ乾燥しがち

少しずつ気温が上がって春の雨が多くなってくると、「乾燥肌の時期も終わり」と思わずホッと一息。ついつい手抜きケアになってしまっている方も多いのでは?

でも春だからといって、いきなり適度な湿度になるわけでは、もちろんありません。とくに春のはじめは、冬の乾燥の影響がまだまだ強く残っています。また日中と夜間の気温差が激しいことも、乾燥肌が進みやすい要因です。

乾燥肌にとっては、春はまだまだ油断ならない季節なのです。

紫外線も増えてくる

そしてもう一つ、春に乾燥肌が悪化しやすい原因に、紫外線があります。紫外線というと夏のイメージがありますが、じつは3月頃には、すでにかなりの量の紫外線が降りそそいでいることをご存じでしたか?

まだ陽射しがキツくないからと油断していると、ピーク時の8割に達するともいわれる春の紫外線に、無防備なままの肌がさらされてしまうことに。紫外線ダメージをうけた肌は、より乾燥に傾きやすくなります。春は紫外線にも、気が抜けない時期といえるでしょう。

春の乾燥肌のお手入れ

乾燥&紫外線のダブル攻撃と、日夜たたかい続ける春の肌。ダメージから肌を守って、乾燥肌を悪化させないためには、やはり毎日のスキンケアが重要です。

日頃から充分なケアを積み重ねることで、肌本来のチカラを高めて、ダメージをよせつけない肌を目指しましょう。

ひき続きしっかりと保湿を

まずは冬のあいだと同じように、春もひき続きしっかりと保湿ケアを。朝晩のお手入れの際は、角質層への浸透力に優れた化粧水などで、肌にたっぷりとうるおいを与えます。

とくに水分を逃がしやすい乾燥肌は、保湿効果の高いクリームなどで、うるおいを肌に閉じ込めることもお忘れなく。

肌に負担の少ないUVケアを

もともとデリケートな乾燥肌の場合、紫外線吸収剤などが刺激となってしまうこともあります。肌の様子をみながら、できるだけ負担の少ないアイテムを選んで、帽子や日傘などと組み合わせて使うのがおすすめです。

ストレスにも気をつけて

春の乾燥肌対策は「油断しないこと」が大切ということをお伝えしましたが、いかがでしたか?ただし、あまりに神経質になってしまうと、それがストレスになって、かえって肌を疲れさせることにもなりかねません。

ただでさえ、何かとストレスの多い春。気持ちに余裕を忘れず、スキンケアも自分自身を癒やすように、楽しみながら続けたいものですね。まずはカンテレSHOPPINGで、春の乾燥肌ケアが楽しくなる、自分への“ごほうびアイテム”を見つけてみませんか?

KTVオンラインモール