冬の肌荒れ、どうして起こるの?

冬の肌荒れ、どうして起こるの?

肌の表面が乾いてカサカサ、湿疹がプツプツ、化粧品がしみてヒリヒリ…毎年、冬になると肌荒れに悩まされるという人は、かなり多いようです。

冬に肌荒れが起こりやすい原因とその対策について解説します。

冬の肌荒れの原因

そもそも冬に肌荒れが起こりやすいのはナゼなのでしょうか?その3つの主な原因について、詳しく見ていきましょう。

空気の乾燥

冬の肌荒れのもっとも大きな原因は、湿度の低下による空気の乾燥。乾燥した空気がお肌に触れると、お肌の表面にある角質層から水分が奪われてしまいます。

角質層は肌を外部の刺激から守るバリアの役割をもつ大切なものですが、水分が不足するとこの角質層にヒビわれができます。この結果バリア機能が充分働かなくなり、お肌の内部が外からの刺激に直接さらされてしまうため、肌荒れが起こってくるのです。

寒さによる血行不良

お肌を作りだすための栄養は、血液によって運ばれてきます。冬の寒さによって血管が収縮することで血行が悪くなると、必要な栄養がお肌に充分行き渡らなくなります。こうして栄養不足になったお肌は、皮膚の再生機能が弱まってダメージを修復できない状態になり、肌荒れが引き起こされてしまいます。

不規則な生活による疲れ、ストレス

年末年始は何かと忙しく、過労、睡眠不足、食事の乱れといった不規則な生活に陥りがちです。こうした不規則な生活により、疲れやストレスが蓄積されることも、冬の肌荒れの原因です。

疲れやストレスは、カラダの中に活性酸素という老化物質を作り出し、この物質によってお肌の細胞が傷つけられてしまうのです。

冬の肌荒れの対策

冬の肌荒れを防ぐためには、まずはとにかくしっかり保湿することが大事です。いつものスキンケアに保湿力の高いクリームや美容液などをプラスしてみるといいでしょう。

さらにカラダをあたためて、血行を促進すること。重ね着を工夫したり、ショウガ・根菜などの食材を食事に取り入れたり、適度に運動をするのも効果的です。

そして、もちろん規則正しい生活を心がけることも重要です。忙しいこの時期だからこそ、意識して生活のリズムを保つようにして、できるだけお肌の負担を減らしてあげてくださいね。

オススメなのはお風呂タイムの活用。一日の終わりにゆっくりとお風呂につかれば、カラダの芯からあたたまり、疲れも癒されます。そしてお風呂上がりの、水分をたっぷり含んだお肌が乾かないうちに、保湿クリームなどでフタをして水分を閉じ込めてしまえば、うるおいもしっかりキープできます。

早めの対策が肝心

いったん悪化してしまうと、なかなか良くならない冬の肌荒れ。お肌にあった保湿化粧品などを上手に取り入れて、早めに対策することが肝心です。

冬の肌荒れ対策にオススメの高保湿化粧品がそろったカンテレSHOPPINGで、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね!

KTVオンラインモール