夏と同じでいいの?冬の正しいスキンケアとは

お肌は一年中同じ状態ではありません。その季節に合わせたスキンケアが必要です。冬のお肌の状態を知ったうえで、正しい冬のスキンケア方法をみていきましょう。

冬の肌の状態とは

冬の期間は、一年の中で最も雨が少なく湿度が低い時期。室内は暖房機器などで乾燥状態になります。この影響で、私たちのお肌もカラカラの乾燥状態に。

乾燥が進むと、お肌の本来の機能が低下。弱まったお肌からはどんどん水分が失われ、これがいわゆる「お肌のキメが悪くなる」状態にさせるのです。

冬のスキンケアについて

冬の乾燥肌に対処する方法について、夏のスキンケアと比較しながら2つご紹介します。

その1.身体を温めてケア

夏は日焼けした肌を冷やしてスキンケア。逆に冬は、血行が悪くなるため、血液を通して栄養分や酸素が十分に皮膚細胞まで行き届きません。

細胞は栄養が不足すると、細胞の活性化が鈍化。新しい細胞に生まれ変わらず、古い乾燥した皮膚のままの状態になります。

細胞の活性化を促すために、毎日お風呂でしっかり身体を温めて冬のスキンケアを行いましょう。お湯は38℃くらいでゆっくりつかれる温度が効果的です。

その2.保湿効果のあるクリームでケア

夏は汗や皮脂をすばやく拭きとりスキンケアします。しかし冬は、汗や皮脂という、お肌を守るいわゆる天然クリームが不足しがちに。これら皮脂膜はお肌から水分が蒸発するのを防いだり、外の刺激からガードする大切な役割があります。

冬は保湿効果のあるクリームを、外出時や就寝前にしっかり塗ることを心がけましょう。

冬のスキンケアにおすすめの『スリーピングパックA.I.33』

スリーピングパックA.I.33

スリーピングパックA.I.33は、お肌に潤いを保つ冬のスキンケアにピッタリのクリームです。夜クレンジングしたあとは、これを塗って寝るだけで、朝までしっとりお肌をキープ。

成分のなかでとくに注目したいのが、EGFとフラーレン。乾燥肌で悩む人にとってうれしい、保湿性と高機能成分が含まれた保湿クリームといえるでしょう。

ぷるぷるのしっとり肌に

スリーピングパック A.I.33 1個
保湿効果を高め、ヒアルロン酸3種類とコラーゲン2種類が配合された『スリーピングパックA.I.33』。それぞれ分子の大きさが異なる5つの成分が、乾燥した角質層まで浸透していきます。

角質層の中で水分をしっかりキャッチして、ほかの細胞に水分を行き渡らせます。皮膚表面では油分が膜を張り、水分を逃しません。とくに乾燥しやすい冬のスキンケアにもお使いいただけます。

≫スリーピングパックA.I.33 ※販売終了

しっかり潤いを与えて元気なお肌に

冬のお肌の大敵は、乾燥。身体をしっかり温めたり、保湿効果の高いクリームを選んで、冬のスキンケア対策を行いましょう。

今回ご紹介した『スリーピングパックA.I.33』はカンテレSHOPPINGでご購入いただけます。冬はしっかりお肌に潤いを与えて、プルプル肌を維持しましょう。

KTVオンラインモール