大人の肌のべたつき、その原因は乾燥にあった?

大人の肌のべたつき、その原因は乾燥にあった?

30歳を過ぎたのにべたつきが気になるオイリー肌という人は、肌の乾燥が原因かもしれません。スキンケアの方法を見直し、自分の肌の状態がどう変わるか把握しましょう。

大人肌のべたつきは乾燥が原因かも

女性の皮脂は思春期から20代がピークで、その後は減少します。その年代は過ぎているのに肌のべたつきが気になるというときは、肌の乾燥が原因かもしれません。

肌に潤いがないと細胞がダメージを受けやすいため、体は肌から水分が蒸発しないように皮脂を出して守ろうとします。

皮脂で守られている間に肌が潤いを回復すればよいのですが、加齢によるコラーゲンの低下などから潤いが回復しにくいと、肌を守るために皮脂が出続けてしまうという悪循環へ。まず肌の乾燥対策をして、べたつきの原因を探ってみましょう。

正しいスキンケアで乾燥を防止

肌を乾燥させる3大原因は「加齢」「紫外線」「物的刺激」です。

皮脂を落としすぎない

皮脂は汗やはがれた角質層と混ざり、肌を乾燥から守る皮脂膜を形成します。しかし、皮脂が取られてしまうと、体は次の皮脂膜を作るために慌てて皮脂を分泌します。

”べたつきがあるから”と皮脂を取りすぎるのは逆効果なのです。頻繁な洗顔はもとより、強い洗浄力のあるニキビ用の洗顔料の使用や熱めのお湯での洗顔は避けましょう。洗顔は汚れが落ちればOKくらいの気持ちで行います。

肌をこすらない

洗顔後タオルでゴシゴシと拭いていませんか?メイクを落とすとき、化粧水をつけるとき、ファンデーションを伸ばすときなどに肌を引っ張っていませんか?

そのような物理的刺激が乾燥の原因となります。顔の皮膚は薄く物理的ダメージを受けやすいもの。スキンケアは全般に”優しく押さえる”動作で行いましょう。

紫外線対策を行う

紫外線は肌を守る角質層にダメージを与え、バリア機能を低下させる原因になります。そのため保湿力がなくなり肌の水分量が低下するのです。

水分量が低下した肌は外界からのダメージを受けやすくなるという悪循環に。それを防ぐために皮脂が分泌され、べたつきが起こります。角質層はしっかり潤っていれば、多少の紫外線は跳ね返す力を持っています。

化粧水で肌にしっかり潤いを与えた後は、潤いが保つように美容液などを使用しましょう。その上で日やけどめクリームなどを使い、UVカットを行ってください。

栄養を補給する

肌がべたつきがあるとクリームなどを使うのは少し気後れがします。でも、乾燥が原因で皮脂が出る大人肌の潤いを持続させるためには、肌に栄養を与えるのがとても大事。クリームでべたつきが気になるときには、美容液で栄養を補給しましょう。

また、肌を休めつつ栄養を補給させるパックもとても有効です。週に1回程度、リラックスしながらのスペシャルケアで、肌と心を元気にしましょう。

べたつき知らずのしっとり肌に!Give&Give アスタエステ ジェルパック

Give&Give アスタエステ ジェルパック

驚きのオレンジ色のパック!このオレンジ色はカロテノイドであるアスタキサンチンの自然の色。アスタキサンチンは数々の働きを持ちますが、パックすることで肌の紫外線によるダメージをぐっと癒します。

また、医療分野で使用されてきた”上皮成長因子(EGF)”も配合。若々しいハリのある肌へと導いてくれます。不純物を99%除いた水を使用し、成分が角質層に浸透しやすいようにまとめ上げているのもこのパックの特徴。肌に厚めに塗って贅沢な成分の力を実感してください。

≫Give&Give アスタエステ ジェルパックのご購入はこちら ※販売終了

原因を知り、べたつきのないきれいな大人肌へ

大人肌のべたつきの原因は、肌を乾燥から守ろうとする防御反応が大半です。けなげに働く皮脂を悪者扱いするのではなく、適切に働ける環境を整えてあげましょう。

カンテレSHOPPINGでは、きれいな大人肌を作る保湿たっぷりの化粧品を取りそろえています。ぜひ一度ご覧ください。

KTVオンラインモール