知ってる?お肌のべたつき、テカリの原因と対策

知ってる?お肌のべたつき、テカリの原因と対策

皮脂の過剰分泌で起こる肌のべたつきやテカリ。その原因を知り、対策を考えましょう。原因に合った対策をすることべたつきのない肌への近道となります。

対策の前に、まず肌のべたつきの原因を知りましょう

本来肌を守る皮脂ですが、さまざまな原因で過剰になるとべたつきます。

年齢

性ホルモン分泌が大きく関係する皮脂分泌。特に男性ホルモンが大きく関係します。女性のピークは思春期から20代でそれ以降は徐々に減っていきます。

ストレス

汗や皮脂は自立神経系でコントロールされるため、ストレスで自律神経バランスが崩れると皮脂分泌のバランスも崩れます。

また、ストレス反応は”戦うか逃げるか”という大昔の狩りのなかで培われた反応のため、男性ホルモン分泌が増え、結果的に皮脂が過剰に分泌されます。

高気温

気温が高くなると汗をかき、汗の塩分で肌が乾燥しやすくなります。その対策として出るのが皮脂。汗が多いときには皮脂も多くなります。

乾燥

大人肌のべたつきの原因で多いのが乾燥です。肌の内部の潤いがないため、体が危機感を感じ、乾燥させまいと肌の上を皮脂で覆ってしまいます。オイリーに感じるけれどじつはドライ。インナードライともいわれており、紫外線や汗によっても乾燥が起こるので対策が必要です。

脱べたつき肌への対策を!

年齢だけはどうしようもありませんが、そのほかは原因に応じた対策を立てましょう。

ストレス対策~上手に気分転換~

ストレスは”思い通りにならない”と不快感を感じたときに反応します。そのため、”気持ちがいい”という快感を感じることで対抗ができます。ストレスがかかっているときは呼吸が浅くなっていますから、深呼吸するだけでも効果的。

また、コーヒーやお茶の香りを楽しんだり、好きな香りを吸い込んだりするのもさらによいストレス対策になります。

高気温対策 ~肌を引き締める~

暑いときは首筋に冷たいタオルを当てれば、汗が引き、毛穴も引き締まります。夏が始まる前から引き締め効果の成分がある化粧品を使い、日常的に夏のべたつき肌の対策をするとよいでしょう。真夏の暑い時期には、冷感のある化粧品を使用するのも一つの方法です。

乾燥対策1 ~保湿する~

インナードライの肌には、まずたっぷりの化粧水が必要です。いつもの量を手にとって、肌に押しつけるように吸わせてください。そのあともう一度、同じ量を手にとって吸わせてみましょう。

肌に充分水分が浸透すると、モチッと手に吸いつくような触感に変わります。しっかり潤わせることが乾燥によるべたつき対策の第一歩です。

乾燥対策2~潤いを持続させる~

しっかり保湿をしてもすぐに水分が飛んでしまっては元も子もありません。肌が水分をキープする力をつけておくことが必要です。この力は加齢や紫外線によっても衰えますから、若々しい肌を作る成分が入っている美容液が有効です。

そのほかにも、肌の力をアップさせて肌のバリア機能を高める化粧品でケアをし、べたつきの対策をしましょう。

1本でもっちり肌へ~Give&Give ヴィーナス(250g)

Give&Give ヴィーナス(250g)

1本でマッサージ液・美容液・化粧水・乳液・パックの5役!オールインワンアイテムのヴィーナスは長く人々に愛されているロングセラー商品です。弾力のある若々しい肌に導く上皮成長因子(EGF)を配合。そして保湿成分として配合されているのは、こんにゃくセラミドです。

細胞同士をしっかりくっつけ、肌のバリア機能を高めるセラミドの元になる成分です。セラミド豊富な肌は潤いが保たれます。

Give&Give ヴィーナス(250g)のご購入はこちら

上手に皮脂対策してべたつき肌にサヨナラしましょう

”べたつくから”と過剰に洗顔して皮脂を落としてしまうと、皮脂がさらに分泌され、べたつきやテカリが引き起こされます。ストレスにしろ、乾燥にしろ、生活習慣が原因になることも多いので、行動を見直して対策を立てるのも必要かもしれません。

カンテレSHOPPINGでは”キレイ”を目指すすべての人へ、厳選した化粧品をお届けいたします。

KTVオンラインモール