梅雨の時期になぜ肌荒れが多いの?

梅雨の肌荒れ、じつは乾燥肌が原因となっていることをご存じですか?

ジメジメした季節に肌荒れが起こる原因を知って、きちんと対策しましょう。きっとお肌が変わります。

湿度の多い梅雨に乾燥で肌荒れがおこる原因は?

ジメジメした梅雨は気分も落ち込みがちですが、肌にとっても嬉しくない環境といえます。

快適な除湿が裏目に

不快な梅雨に欠かせない除湿や冷房。快適に過ごせるうえ、健康のためにも欠かせません。快適で健康によい湿度は50%前後。しかし、肌にとってやさしい湿度は60~65%とやや蒸し暑く感じる湿度です。

小さな誤差に思いますが、冷房を使用していると肌の水分量が減るといわれています。肌の水分量は湿度にとても影響されやすいのです。梅雨の時期の快適に感じる空間では、肌が乾燥しやすいと覚えておきましょう。

日焼けによる肌のダメージ

天気が悪いとついついサボりがちな梅雨の紫外線対策。でも、”朝がきた”と認識できるのは太陽光が届いているから。届いている紫外線は多い時期ですから、紫外線対策をしていない肌にはダメージが大きく、肌荒れの原因につながります。

健康な肌は角質層が整い、バリア機能がしっかりしています。ところが紫外線でダメージを受けた肌はバリア機能が弱くなり、水分をキープする天然保湿因子も減って乾燥肌へと進んでしまうのです。

石鹸の使いすぎやゴシゴシ洗い

蒸し暑さを感じる梅雨はさっぱり汗を流したい!そんな気持ちはわかりますが、石鹸をたっぷり使ったり、ゴシゴシこすったりすると乾燥肌になってしまうことがあります。

健康な皮膚は角質層の上に皮脂膜という天然のクリームがありますが、これは、皮脂と汗とはがれた角質が混じり合って出来るもの。

石鹸の使いすぎで皮脂を必要以上に落としたり、ゴシゴシ洗いで角質を取ってしまったりすると、皮脂膜が出来にくくなり乾燥肌から肌荒れへと進行します。

肌荒れしないためにはどうすればいい?

水分がなくなっているんだったら化粧水で水分を足せばいいと考えてしまいますが、それだけでは不十分。

水分は蒸発しますし、アルコールが入った化粧水をたっぷり使うとアルコールが肌を乾燥させます。化粧水は水分補給と割り切りましょう。

一般的には、化粧水で水分補給をしてから美容液で保湿し、乳液で水分が蒸発しないようにします。必要以上の油分をつけると体が皮脂が足りていると感知し、皮脂を出さなくなって肌荒れを起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

梅雨の肌荒れにおすすめの『プラチムモイスト』

プラチムモイスト

EGFを配合したクリームです。ヒトオリゴペプチド-1と呼ばれる、たんぱく質の一種の「EGF」。
肌を整え、いきいきとしたハリのあるお肌へと近づけてくれます。

その他にも白金ナノコロイド・プラセンタ・水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワランなど、美肌に欠かせない成分もたっぷり配合されています。

≫プラチムモイスト のご購入はこちら

梅雨のジメジメ感に惑わされず肌荒れ対策を!

梅雨は激しい日焼けもなく空気もしっとりしていて、肌荒れとは無縁のように感じてしまう季節。けれど、過酷な夏に健やかな肌でいるためにも梅雨のスキンケアは大切です。

カンテレSHOPPINGでは、たくさんの化粧品の中から“これはよい”と思うものをご紹介しています。ぴったりの化粧品で梅雨の肌を整えてください。

KTVオンラインモール