紫外線を浴びたらやっておきたいシミ対策

紫外線を浴びたらシミになる前にまずはしっかり対策を。短時間の外出でも、普段から日焼け止めを塗ったりなどの対策が大切です。それでもうっかり日焼けをしてしまったときの対処法についてもご紹介します。

日焼けをシミにしないための3つの対策

しっかり紫外線対策していてもうっかり日焼けしてしまうことは誰にでもあることです。大切なのはアフターケア。紫外線を浴びたら、きちんとケアをしてあげましょう。

1.冷やして保湿

症状が軽い場合でも「日焼けは火傷と同じ」と考えた方が良いでしょう。日焼けしてそのまま放置するのは危険です。

日焼けに気づいたらすぐに保冷剤で患部を冷やしたり、ビニール袋に氷を入れてタオルに包んで冷やすのが効果的。冷たいシャワーで流しながら冷やすのも良いでしょう。

痛みがひどい場合は病院へ。ヒリヒリもしない軽い日焼けなら保湿も忘れずに。紫外線でダメージを受けた肌にも水分補給が大切です。日焼けした肌は水分が奪われて乾燥している状態ですので、たっぷり化粧水をつけて保湿をしましょう。

2.水分補給

水を多めに飲むなど水分補給もしっかりと。肌への保湿の次は、内側からのケアも日焼けしたあとには大切な対策です。

水分補給は肌の新陳代謝を高めて日焼けの改善が早くなるなど、シミ対策にも効果的です。

3.早めの睡眠

紫外線を浴びすぎると、肌だけでなくカラダもダメージを受けた状態になります。新陳代謝を上げるためにも早めに睡眠をとりましょう。

うっかり日焼けにおすすめの商品3選!

目に見えない紫外線を1年中浴びている私たちは、油断するとすぐに日焼けしてしまいます。うっかり日焼けのシミ対策はもちろん、アフターケアに役立つコスメを3つご紹介します。

薬用ヴァージンピンク

薬用ヴァージンピンク
紫外線対策をしたい方はもちろん、うっかり日焼けしてしまった方にもおすすめのボディケアジェルです。

紫外線を浴びてしまった後の肌はそのままにせず、ジェルを使って「冷やして」「保湿」でシミ対策を。日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎ、くすみのない肌へと働きかけます。

洗顔後や入浴後、化粧水でのお手入れ前に塗るだけだから手間要らずで続けやすいのも魅力のひとつ。1年を通してケアすることが大切な紫外線対策にぜひお役立て下さい。

≫薬用ヴァージンピンクのご購入はこちら

プラチムαホワイト美容液

プラチムαホワイト美容液
うっかり浴びてしまった紫外線ケアは『プラチムαホワイト美容液』におまかせ!夏の紫外線対策だけでなく、冬の乾燥対策など、肌をトータルにケアしたい方におすすめの美容液。

女性の肌の悩みをスッキリ解消してくれるスグレモノです。日焼け後の肌ダメージは美容液で早めに対策を!

≫プラチムαホワイト美容液のご購入はこちら

ミッドナイトコスメ薬用βグルカンコンフィデンスローション

ミッドナイトコスメ薬用βグルカンコンフィデンスローション
こだわりの保湿力で紫外線対策にも効果を発揮!肌にしっかりうるおいを与えてくれそうなトロっとしたローションは、惜しげもなく手にとってパシャパシャ使うのがおすすめです。

グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌の炎症を抑える働きも。紫外線による刺激やダメージで荒れた肌を整えてくれるので、シミ対策にもおすすめ。

リピーターが続出するほど癖になる、美容成分たっぷりの贅沢な使い心地をあなたの肌でも実感してください。

≫ミッドナイトコスメ薬用βグルカンコンフィデンスローションのご購入はこちら

日頃の紫外線対策でシミをつくらせない

紫外線によって刺激を受けた肌はメラニン色素を生成し、排出されずに残るとシミの原因につながります。シミをつくらせないためにも、日焼けをしてしまった直後のケアがとても大事になるでしょう。

外出しなければ安全というわけではありません。室内にいても紫外線は1年中入ってきます。カンテレSHOPPINGのコスメは紫外線対策はもちろん、アフターケアにもおすすめ。日頃のスキンケアやメイクでもUVケアを取り入れてみませんか?

KTVオンラインモール