5月からはじめる!本格的な紫外線対策

紫外線対策をはじめるなら5月からが効果的。今まで紫外線対策は日差しが強くなる夏からすればよいと思っていませんでしたか?まずは今やれる対策をしっかり行いましょう。

「UVA」と「UVB」の違いを知って5月から備えましょう!

「紫外線対策」や「日焼け対策」は、日差しがギラギラ照りつける真夏の7月8月にするものだと思っている人も少なくありません。

しかし、紫外線の量は5月頃から急激に増えはじめるので、本格的な紫外線対策も5月からはじめたほうが効果的です。

紫外線と一口にいっても、波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」の3種類に分けられます。C波はオゾン層に遮られ地上に届くことはありませんが、A波・B波の2つは地上に到達するので紫外線対策が必要です。

UVAとは

なかでもハリや弾力の低下を招き、「シワ・たるみ=(光老化)」の原因になる紫外線A波(UVA)が多くなる時期が5月です。紫外線の約9割は「UVA」。波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮にまで到達するため、肌にさまざまな影響を及ぼします。

UVBとは

肌の奥の真皮まで到達することはほとんどありませんが、エネルギーはUVAより強いUVB。長時間浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)や、皮膚が褐色に色づいた状態(サンタン)になります。おもに肌の表皮部分でシミやソバカスの原因に。

夏本番になる前に“日焼け止めで紫外線対策”

5月から増え始める紫外線。夏本番になる前に、しっかり紫外線対策を行うことが大切です。紫外線対策には日焼け止めを使うと効果的。

日焼け止めを選ぶときは「SPF」と「PA」をチェックします。紫外線の防御力にはランクがあり、防止効果を表す目安になるのが「SPF」と「PA」です。

SPFとは

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、サンバーンを起こすUVBの防止効果を表す目安の数値。SPFの数値が高いほど皮膚が赤くなるまでの時間を長くできる、と覚えておくと分かりやすいでしょう。

PAとは

PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。サンタンを起こすUVAの防止効果を表す目安の数値です。

“SPF”は用途に合ったものを

SPFが高いほど紫外線対策には効果的ですが、肌への刺激も強く負担も大きくなるため生活シーンや用途に応じて日焼け止めを使い分けることが大切。

デイリー使いの日焼け止めは、肌の負担を考えてSPFが低いほうが良いでしょう。紫外線が強い季節には、密着性の高いクリーム・ミルクタイプの日焼け止めがおすすめです。

紫外線を多く浴びるシーンや日焼け止めが落ちやすい海や川、汗をかくスポーツにつけるときはSPFは高めでウォータープルーフタイプを。

日焼け止めはタイプに応じて使い分ける

日焼け止めのタイプは大きく分けて3種類。クリームやローションといった塗るタイプ・吹きかけるスプレータイプ・スポンジやブラシで付けるパウダータイプです。それぞれの特徴に応じて使い分けると良いでしょう。

クリーム

化粧下地になるタイプも多く、肌馴染みが良く紫外線をしっかりカット。保湿力が高いので乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめです。

乳液(ミルク)

サラっとした使い心地で伸びが良く、肌への負担があまりかかりません。

美容液

美容成分入りの日焼け止めなので、日中の強い紫外線から肌を守るだけではなくスキンケアが同時にできます。

パウダー

メイクの仕上げにのせるだけなので、簡単につけることができ気軽に塗り直せます。肌にやさしく敏感肌の方にもおすすめ。

スプレー

吹きかけるだけなので手が汚れず塗りにくい背中や足先、頭皮や髪にも手軽に使用できます。

油断しがちな5月もしっかり紫外線対策を!

真夏までにはまだちょっと早い5月は紫外線対策も怠けがちに。しかしその油断がうっかり日焼けなど、肌へのダメージを招いてしまうかもしれません。夏本番に備えて5月から本格的にはじめましょう。

カンテレSHOPPINGでは、紫外線対策に有効な日焼け止めが揃っています。種類もタイプも豊富に扱うカンテレSHOPPINGで、あなたの肌にぴったりの日焼け止めを見つけてください。

KTVオンラインモール