ちょっとした心がけでできる簡単な紫外線対策の方法は?

紫外線対策の方法として頭に浮かぶのは日焼け止めですが、それ以外にも知っておくとよい方法があります。紫外線から身を守るのにぜひ覚えておきたいものです。

簡単な紫外線対策の方法3つ

“紫外線に当たらないこと”が紫外線対策の一番の方法です。

対策方法1.紫外線の多い時間帯の外出を避ける

紫外線のピークは10時~13時。1日の紫外線量の約半分がこの時間帯に届きます。紫外線の強い季節のこの時間帯は、屋内で過ごすよう心がけましょう。

ただし、紫外線はガラスを通過します。屋内でも窓際など日光の当たるところは避けましょう。また洗濯物干しやゴミ出しなど、家事の合間にちょっと表へというときも要注意です。

対策方法2.日陰を利用する

木陰にはいると50%の紫外線がカットされるといわれます。もちろん、どの木も同じではなく、葉がよく茂っている木の方が効果的です。

日中外出しなくてはいけないときは、紫外線対策として木陰やアーケードの下、地下道など、陰になるところをうまく歩きましょう。

日傘は自分で陰を作ることができますから、とてもよい方法です。

対策方法3.服装に気をつける

紫外線対策には、素肌を太陽にさらさないのが基本。長袖で手袋もあるとよいでしょう。

紫外線対策に一番よい色は黒ですが、布地も大切。しっかりと目の詰まったものが紫外線を通しにくいものです。とはいえ、暑い時期に黒やしっかりした生地のものを着るのはなかなか大変。UV加工されている製品をうまく利用しましょう。

紫外線対策におすすめの商品3選!

紫外線対策に欠かせないのが日焼け止め。場面に応じてうまく使い分けましょう。

UV革命

UV革命
“革命”という名がピッタリの日焼け止めは、スプレータイプのコスメ。日焼け止めの力を最大限に発揮するには「塗り直しが大事」というのがわかっていても、なかなかできない悩みを簡単に解決します。

方法はメイクの上から吹き付けるだけ。7種の美容成分と6種のうるおい成分が配合され、紫外線対策をしながらお肌を整えます。つけ直しが簡単なうえ、SPF15の肌に負担をかけない設定。ナチュラルタイプとローズタイプがあります。

≫UV革命のご購入はこちら

パピリオ ビューティハンドEX

パピリオ ビューティハンドEX
紫外線対策に手袋をすればいいのはわかっているけれど…という方にオススメ。体に薄いヴェールを作り、紫外線と乾燥から守ってくれるだけでなく、ほんのり薄化粧で手や首をつややかに白く見せてくれます。

美容液がベースですが、べたつきはなくしっとりサラサラの使い心地。美容成分のほかに8種類の和漢植物エキスを配合。年齢と共に気になる肌をケアする、からだ用日焼け止めです。

≫パピリオ ビューティハンドEXのご購入はこちら

Give&Give UVA&B+C

Give&Give UVA&B+C
しっかりと紫外線から肌を守りつつ、肌に優しい紫外線カットの乳液です。一般に日焼け止めの力が強いほど肌への負担が大きくなるのを、“UVカット剤を直接肌に触れさせない”製法で解決しました。

美容成分の色によりピンク色をしていますが、香料、着色料、鉱物油、防腐剤不使用。塗り直しやすくさらっとした使い心地で、デリケートな肌の方はもちろん、子供や日焼け止めが苦手な方にもおすすめです。

≫Give&Give UVA&B+Cのご購入はこちら

紫外線対策は継続できる方法を見つけましょう

夏場の紫外線だけに目がいきがちですが、紫外線は一年中行うのが理想。つまり、ずっと続けるのが理想です。

そのためには、自分の肌にあった方法や製品を選ぶのはもちろん、“楽にできる”ということも大きなポイント。紫外線対策が常識になった近年は、さまざまな商品が開発されています。

カンテレSHOPPINGでは、“楽にできる”日焼け止めを取りそろえて、きれいでいたいみなさまを応援します。

KTVオンラインモール