アナタのお顔、紫外線対策できてますか?

帽子や日傘を使っても、気になる顔への紫外線。もう一つの対策は、日焼け止めをうまく使うこと。きちんと日焼け止めを使ってお肌へのダメージを減らしましょう。

日焼け止めを上手に使う~紫外線から顔を守るための対策3箇条

日焼け止めの力を十分に発揮させるには、ちょっとしたコツがあります。

対策1.なにはなくとも保湿

健康でみずみずしい皮膚は、外部からの異物を通さないための“皮脂膜”を作ります。また、万が一皮脂膜を通り過ぎて異物が進入しても、細胞同士がピッタリとくっつき、簡単に奥まで到達しない状況を作ります。

紫外線も外部からの異物の一つ。かさかさと乾燥した肌は、紫外線が入りやすい肌なのです。

対策としては、化粧水をたっぷり顔にしみこませること。肌が“もう吸えない”というところまで化粧水を吸わせてみましょう。きちんと保湿することで、日焼け止めの中の紫外線防止剤による乾燥も防ぎます。

対策2.日焼け止めは保湿の後、メイクの前

日焼け止めを効果的に使用するには、“スキンケアのあと、メイクの前”に塗るのが一番です。

化粧水や乳液で顔全体をしっかり保湿、その後に日焼け止めを塗ります。そして、化粧下地、ファンデーションと進みます。化粧下地も兼ねる日焼け止めの場合は下地はいりません。

対策3.こまめに塗り直す

SPF値の大きい日焼け止めを朝に塗って、そのまま一日過ごしていませんか?汗で日焼け止めが落ちてムラになると、紫外線防止の効果は半減します。

紫外線を防止する成分は皮膚を乾燥させるため、日焼け止め効果が高いものは、肌に負担をかけます。SPF20~30くらいのものを使って、こまめにお化粧直しをする方がお顔の紫外線対策にはベスト。

化粧をした上から使えるミストタイプの日焼け止めも便利です。

紫外線対策・顔の保湿におすすめの商品3選!

日焼け止めの前も後もまず保湿!そんなときにオススメの商品です。

HSC 塗るサプリ CCクリーム UV CUT

HSC 塗るサプリ CCクリーム UV CUT
数々の日焼け止めを押さえ、ランキング1位に輝いた“塗るサプリ”。ただの日焼け止めではありません。顔のラインの「収れん+乳液+ファンデ+コンシーラー+パウダー+日焼け止め」の1本6役の日焼け止めです。

SPF50+ PA++++としっかり紫外線を防止。さらっとべとつかず、お化粧直しもしやすいお手軽さに関わらず、年齢を感じる肌にうれしい成分が豊富なクリームです。

≫HSC 塗るサプリ CCクリーム UV CUTのご購入はこちら

マダムレイ シープラス

マダムレイ シープラス
紫外線を浴びた後の対策にしっかり取りたいのが“美容のビタミン”といわれるビタミンC。壊れやすいビタミンCを、前段階のビタミンC誘導体の形でたっぷりと配合しました。

肌に届いたときに良質のビタミンCになるばかりではなく、ビタミンCを助けるビタミンP誘導体、ビタミンEを配合し、ビタミンCの力がもれなく発揮される工夫がされています。余分なものを入れていないシンプルな化粧水です。

≫マダムレイ シープラスのご購入はこちら

Give&Give クリビアデュウ

Give&Give クリビアデュウ
「EGF」「こんにゃくセラミド」「アスタキサンチン」という特別な美容成分が配合された、素肌力をアップさせる、ワンランク上の保湿美容液です。

「EGF」は53個のアミノ酸からなるタンパク質で、やけどや傷跡を元通りに戻す皮膚再生医療に使用されてきた成分。そのほかにもハリや潤いを与える美容成分が目白押しの美容液です。

紫外線で痛んだ肌を回復させるのにも向いています。

≫Give&Give クリビアデュウのご購入はこちら

“顔へたっぷり栄養補給”が紫外線対策への近道

紫外線も肌へダメージを与えますが、日焼け止めも肌へダメージを与えます。それらのダメージを最小限にするのが、うるおいたっぷりの生き生きした肌。肌のキメが整っていると、紫外線に強くなるだけでなく、顔も明るく見えます。

カンテレSHOPPINGの吟味されたコスメの中から、あなたにピッタリのものをお探しください。

KTVオンラインモール