肌荒れしやすい人の紫外線対策は?

紫外線も日焼け止めも肌荒れの原因になる……。ただでさえ肌荒れしやすい人には悩ましい現実です。日焼け止めを正しく選ぶこと、スキンケアをきちんとすることで、上手に紫外線対策を行いましょう。

紫外線対策と肌荒れ対策をうまく組み合わせる

肌荒れしない紫外線対策のためには、日焼け止めを正しく使うのがコツです。

日焼け止めは塗る?塗らない?

肌に負担をかける日焼け止め。肌荒れしやすい人は塗らない方がよいのでは?と思いますが「塗った方がよい」のです。

光老化を促す紫外線の肌へのダメージは大きなもの。紫外線に肌をさらすことにより、肌荒れが進む場合があります。

対策としては、日焼け止めを塗る前にしっかりと保湿をして、肌を元気にしておくこと。また、紫外線カット剤が肌に直接つかないような日焼け止めを選ぶのもいいでしょう。

日焼け止めは穏やかなものを

SPFが表しているのは、“紫外線を防止する時間”。SPF1が約20分ですから、SPF10のものでも約3時間ぐらいは十分効果があることを意味します。

SPF50は20時間以上の紫外線を防止するという意味になりますが、そもそもそんなに長い時間太陽は出ていません。日常生活ではSPF10までのものをこまめに塗り直す方が、肌には優しいのです。

特に紫外線吸収剤が使用されたものは、吸収剤が熱を帯び、肌荒れしやすくなります。対策として、紫外線カット剤が使用されているSPF30までのものを選んでみてはいかがでしょうか。

日焼け止めを使った後は保湿をしましょう

紫外線カット剤は肌を乾燥させます。よく使用される酸化亜鉛は“乾燥”を目的に、ベビーパウダーにも配合されているもの。

SPF値が大きいと、紫外線カット剤も増えますから、どうしても肌が乾燥します。乾燥は肌荒れの原因にもなりますから、夜には日焼け止めをきれいに落とし、しっかりと保湿をしましょう。

まずは肌荒れしないように保湿で対策をし健康な肌を作るのが、紫外線対策への近道にもなります。

肌荒れ対策におすすめの商品3選!

紫外線で痛んだ肌へのスペシャルケアや、肌に優しいファンデーションをご紹介します。

ルデヤ バイオセルロースマスク

ルデヤ バイオセルロースマスク
12日間の培養期間をかけて成長したバイオシートマスクは、台湾で大ヒット!

美容成分たっぷりのシートは3種類。明るく透明な肌への「ビタホワイトパック」、柔らかくきめ細やかな肌への「スキンコントロールパック」、ハリとうるおいを与える「モイスチャーケアパック」。

パックによって白トリュフやキャビア、ツバメの巣のエキスが配合されています。紫外線で傷んだ肌や肌荒れのケアに最適です。

≫ルデヤ バイオセルロースマスクのご購入はこちら

プラスロン ホワイトパック

プラスロン ホワイトパック
これは便利!つけたまま寝られるパックです。ゆっくりと肌に働きかけ、朝の肌はしっとり肌荒れ知らずに。

低刺激なので目の周りや口の周りに塗ってもOK。年齢を重ねるに連れて気になる部分をダイレクトにケアできます。

マイルドな使い心地なので毎日塗ってもお肌に負担がかかりません。話題の紫根エキスも配合。みずみずしい肌へと導きます。

≫プラスロン ホワイトパックのご購入はこちら ※販売終了

ロバル エテルネルファンデ

ロバル エテルネルファンデ
“もっと自然でもっと美しく仕上げるファンデ”をめざし、ありとあらゆるジャンルの多くの女性の声を集め、とことん改良してできあがった女性の理想のファンデーション。美しい肌を演出するとともに保湿成分で乾燥も防ぎます。

SPF20 PA++と穏やかな紫外線防止効果も。ワンプッシュで顔全体に伸びるリキッド型で、こまめな塗り直しも楽にできます。日本人の肌に合う3種の色調から一番合うものをお選びください。

≫ロバル エテルネルファンデのご購入はこちら

肌荒れしないためには紫外線対策と同時に保湿ケアを

紫外線対策で日焼け止めを塗ると肌が乾燥します。ですから、日焼け止めを塗るときは、保湿を忘れずに。

夏は湿度が高いので保湿は二の次になってしまいがちですが、夏場こそ保湿が必要です。日焼け止めを塗る前と落とした後、しっかり保湿をしましょう。

カンテレSHOPPINGでは肌荒れをはじめ、肌のトラブルをケアするコスメを数多く取りそろえています。

KTVオンラインモール