シミを作らせない!日焼け後の正しいケアとは

シミを作らせない!日焼け後の正しいケアとは

日焼け後のお肌のダメージは放置厳禁!ケアをしっかりしないと、シミ・そばかすができて取り返しのつかないことに。

シミをつくらないために、日焼け後にどんなケアをしたらよいのでしょうか?

いきなり化粧水をつけるのはNG

日焼けの後のケアで真っ先に思いつくのが、美白化粧水をつけることかもしれません。でもじつはこの方法はおすすめできません。

なぜなら日焼けした肌は、やけどと同じで、皮膚にダメージを受けているからです。美白化粧水の多くは肌に刺激の強いものが多いので、日焼けした直後の肌につけるとヒリヒリした痛みや、かゆみの原因になることがあります。

日焼け直後は、まず冷却と保湿ケア

化粧水をつける前にやるべきことが2つ。それは冷却と保湿です。

冷却ケアについて

紫外線によってやけどを負った肌は、ほてりや発熱といった炎症を起こします。真っ先にするケアは、しっかり冷却して炎症をおさえること。そのまま放置していると、色素沈着をおこしやすくなります。日焼けの情報が細胞の中に残ったままになり、メラニン色素(シミの元)を作り続けるのです。

冷たいタオルを当てたり、保冷剤をタオルで巻くなどしてクールダウンさせましょう。

保湿ケアについて

傷つき日焼けした後の肌は、肌を守ろうとして皮脂細胞を分厚くします。このときに肌細胞が蓄えている水分を使うため、肌から水分が奪われ、かさつきやひび割れが発生。そこから雑菌などが入りやすくなり、肌荒れの原因となることも。

そこで、第2段階として保湿ケアが大切なのです。できるだけ刺激が少なく肌にしっかり伸びるクリームを使って、潤いを与えましょう。

ケアのやりすぎに注意

冷却と保湿ケアはとっても大切であることをご紹介しましたが、だからといってこの両方のケア、やり過ぎには注意しましょう。たとえば氷を長時間お肌に当てると、かえってしもやけ状態になって皮膚を傷めてしまいます。

また、保湿を念入りにしようと何度も何度もパッティングをすると、日焼けで弱った肌がよけいに傷つき肌のバリア機能の低下につながります。

保湿と美白効果におすすめの『薬用ヴァージンピンク』

薬用ヴァージンピンク商品画像

今回おすすめする薬用ヴァージンピンクは、日焼け後のケアとして、刺激が少なく全身にお使いいただけます。

配合成分は「モロヘイヤエキス」「植物性プラセンタ様エキス」をはじめ、保湿力に優れた「オリジナル天然酵母エキス」など。また消炎効果の高いグリチルリチン酸ジカリウムで肌荒れをおさえます。

お顔からボディのすみずみまで1年を通してお使いいただけます。

薬用ヴァージンピンクのご購入はこちら

冷却と保湿ケア+化粧水ケア

日焼けの後は冷却→保湿→化粧水。この3つのケアがとっても大切。めんどうでもあとで後悔しないために、しっかりケアしましょう。

カンテレSHOPPINGでは、ご紹介した「薬用ヴァージンピンク」など、うっかり日焼けしてしまった後のケアにも使える商品を取り揃えております。 ぜひ、ご覧ください。

KTVオンラインモール