日焼け後の敏感お肌にオススメのローションをご紹介

日焼け後の敏感お肌にオススメのローションをご紹介

日焼け後にローションを使いたいけど、日焼けした敏感な肌にはどれを使ったらよいか悩むところ。上手なローション化粧水の選び方とは一体なんでしょうか?最後にオススメのローションも合わせてご紹介します。

日焼け後の肌の症状や原因について

日焼けした後のお肌はとてもデリケート。普段使っているローションでも、敏感になっているお肌につけると、かぶれ・かゆみ・痛み・発疹ができてしまうことも。

原因は主に、日焼けによって「水分・皮脂が減少し、肌が極端に乾燥する」ことによって、肌のバリアがなくなって外からの刺激に敏感になっているから。

※アレルギー体質が原因になることもあります。

日焼け後に適したローションとは?

日焼けした後の敏感肌には、低刺激な敏感肌用のローションと、保湿効果が高いローションで素早く肌バリアをつくってあげることが大切。

敏感肌用ローションについて

敏感肌にやさしいローションは、アルコールや香料などの刺激物を含んでいないものになります。できるだけナチュラル成分を配合したローションを選びましょう。

また、ローションに使われる水にも注意。最近ではマイナスイオン還元水を使ったものもあります。マイナスイオン還元水は、肌につけた瞬間に弱酸性に。お肌への刺激がおさえられます。

保湿性が高いローションについて

セラミド配合が保湿性の高いローションとして、広く使われています。セラミドとは細胞間にある脂質のことで、これを補うことで、乾燥したお肌に素早く潤いを与えます。

またαリポ酸が配合されているものにも注目。αリポ酸は、肌に弾力やキメを与えるコラーゲンの生成に役立ち、潤いや保湿効果を高めてくれます。

ローションの効果的な使い方

日焼け後のお肌は、やけどの状態。ローションは前もって冷蔵庫で冷やしておきましょう。冷えたローションは火照ったお肌をやさしくいたわります。

またコットンは敏感肌に摩擦を与え傷めることがあります。できれば手で直接塗ってあげるほうが肌にはよいでしょう。

日焼け後の敏感お肌にオススメ『プラチムαローション』

プラチムαローション

日焼け後の敏感な肌にぜひ使っていただきたいのが、プラチムαローション(化粧水)。

使われている水は、お肌にやさしいマイナスイオン還元水。日焼け後に塗っても刺激がありません。またなじみやすい成分であるαリポ酸が、肌にキメやツヤを与えてくれるでしょう。

心配なアルコールや香料なども不使用。朝と夜の1日2回、洗顔した後の顔や素肌にスプレーしてください。

プラチムαローションのご購入はこちら

肌にあったローションをオススメします

肌をケアするつもりが、刺激があるローションを使って肌を傷めてしまっては本末転倒。日焼け後の敏感なお肌には、プラチムαローションがオススメ。日焼けをしてしまった後のお肌のケアや、もちろん毎日のケアにも幅広くご利用いただけます。

商品詳細はカンテレSHOPPINGで、ご覧ください。肌にやさしくなじみ、これまでのローションと違った感触が味わえるでしょう。

KTVオンラインモール