まだ間に合う!日焼け後に使いたい優秀美白美容液

まだ間に合う!日焼け後に使いたい優秀美白美容液

きれいな美白をいつまでも保ちたい。そのために日焼け後のケアは大切!まずは、紫外線を浴びてからシミができるまでのメカニズムについて理解しましょう。
(※美白:日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミを防ぎます。)

シミの正体はメラニン

女性の美白を邪魔する敵の正体は、メラニンという色素。このメラニンはもともと悪いものではなく、紫外線による日焼けから肌を守るため私たち人間に備わっているもの。

でも日焼け後にしっかりお肌をケアしないと、メラニン色素の影響で顔や首などシミが目立ってしまいます。

メラニンができるメカニズムとは?

シミのもととなるメラニン。一体どのようにできるのでしょうか?日焼けした後に、メラニンができるメカニズムを説明します。

第1段階.紫外線がケラチノサイトを刺激

紫外線がケラチノサイト(表皮細胞)を刺激すると、「皮膚を守れ」という命令が出る。

第2段階.命令がメラノサイトに伝わる

皮膚を守れという命令はメラノサイトの活性化因子である、プラスミンを生産。プラスミンのシグナルがやがて、メラノサイト(色素細胞)に伝わります。

第3段階.チロシンがメラニンに変わる

プラスミンによって刺激があったメラノサイトの中では、皮膚を守るためのメラニンが生成されます。まずチロシンという物質がチロシナーゼ酵素の作用でドーパキノンとう化合物になり、最終的にメラニンに変化。

第4段階.ケラチノサイトにメラニンがたまる

こうして作られたメラニンは、ケラチノサイトに運ばれます。でも人間の加齢やストレスなどの要因によって、ケラチノサイトに滞留することが。そのまま放置すると、色素が沈着しシミとして現れます。

ターンオーバーだけではシミを消すことは難しい

理論的には定期的なターンオーバーでシミを消せそうなもの。でも実際、日焼けによって過去に受けた紫外線が元でメラニンが作られている場合、ターンオーバーが追い付かず、メラニンが細胞の中に残ったままになることも。

100%完璧なターンオーバーは不可能。周期が乱れたり、皮膚細胞の異常で肌の所々で部分的におこなっていないこともあるようです。

日焼け後の美白ケアにおすすめの『プラチムαホワイト美容液』

プラチムαホワイト美容液商品画像

肌本来のコンディションに整える、人気の商品がプラチムαホワイト美容液。

この商品の特徴は、肌リズムをスムーズにする作用があること。5つの植物抽出エキスの濃縮混合物、混合植物抽出液(マルチフルーツBSC)を配合することにより、古い角質を柔らかくし、優しく取り除きます。

さらに乾燥した肌に潤いを与え、キメのあるお肌を取り戻す力になります。スポイドでお顔に1~2回垂らして、全体になじませお使いください。

プラチムαホワイト美容液のご購入はこちら

美白の秘訣はメラニンを溜めないこと

日焼けの後には、メラニンが生成されます。透明感のある肌を保つために、肌本来の美しさを高めるプラチムαホワイト美容液を試してみませんか?この商品はいまご覧のカンテレSHOPPINGで扱っています。

お肌にハリ・弾力を与えるカッコンエキス・海藻エキスはいずれも刺激が少ない成分なので、肌が弱い方でもお使いいただけます。

KTVオンラインモール