透明感のある素肌を目指そう!今更聞けない30代~40代の美白ケアについて

30代~40代の美白ケア

肌のターンオーバー機能が低下する30代~40代女子にとって、毎日の美白ケアは大問題。

若い頃は何もしなくても色白だったのに、気づいてみたらシミがあちこちに…!なんて、ひそかに焦っている人もいるのでは?

そんなあなたのために、今更聞けない大人の美白ケアの基本についてまとめてみました。

30代~40代でシミ・くすみが増えるのはなぜ?

子供の頃は真っ黒になるまで日焼けをしても、秋の終わりくらいには美白ケアもしないのに肌はほとんどもとどおりでしたよね。

子供の肌は、内側からつぎつぎと新しい皮膚を作りだし、入れ替えに表面の古くなった皮膚をどんどん排出することで、盛んに再生を繰り返しています。紫外線によってメラニンが蓄積した皮膚もすぐに排出されていくので、日焼けの跡も消えやすいのです。

ところが、こうした肌の再生機能=ターンオーバー機能は、年齢を重ねるにつれて低下していってしまいます。再生にかかる日数で言えば、10代ではおよそ20日間だったものが、30代では約45日間、40代では約55日間と、じつに2倍~3倍ほどにもなってしまうのだとか。

この結果、なかなか排出されないメラニンが皮膚の内部に蓄積して、シミやくすみとなってしまうというわけなのです。

美白ケアの基本は「つくらせない」「ためこまない」

そこで、30代~40代の美白ケアの基本としては、

  • しっかり紫外線対策をして、メラニンを“つくらせない”
  • ターンオーバー機能を高めて、メラニンを“ためこまない”

という2つのことがポイントとなります。

つくらせない美白ケア

透明感のある素肌を目指すためには、まずはとにかく、シミやくすみの原因となるメラニンを、これ以上つくらせないことが重要。

肌にダメージを与え、メラニンをつくらせる紫外線が、夏だけでなく一年を通して降りそそいでいることは、もはや常識。季節を問わずいつでも、日焼け止めやUVカット下地などを利用して、紫外線からしっかり肌をガードしましょう。

また、ガラスを通して入ってくる紫外線もあるので、屋内でも油断は禁物です。

ためこまない美白ケア

すでにあるシミを完全に消してしまうことはできませんが、日焼けによるメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐことはできます。そのためには、ターンオーバー機能を高めてメラニンの排出を促し、肌にためこまないこと。

ただでさえ低下してきている30代~40代のターンオーバー機能は、うるおいが不足するとさらに衰えが加速します。浸透力、保湿力の高いスキンケアアイテムで、毎日しっかりと肌のうるおいをキープしてあげましょう。

また、肌の土台ともいえるカラダ全体のコンディションを整えることも大切です。

バランスの良い食事や充分な睡眠など、日頃から健康的な生活を心がけたいですね。

KTVオンラインモール