使ってみた感想 |SilQ シルキークリーム

使ってみた感想 |SilQ シルキークリーム

シルク生まれの天然保湿成分セリシン配合の「SilQ シルキークリーム」は、年齢を感じさせない肌のためのオールインワンクリーム。高いうるおいへ導くクリームを、実際に使ってみたレポートをお届けします!

SilQ シルキークリームの特徴

つややかなシルクのもととなる繭には、肌のうるおいを保つといわれる「セリシン」が含まれています。「SilQ シルキークリーム」は、そんなセリシンの働きに着目し、国産シルクを贅沢に配合したクリームです。

自然の恵みセリシン

人の肌にもともと存在する天然保湿因子(NMF)は、そのおよそ40%がアミノ酸で形成されています。シルクに含まれるタンパク質「セリシン」は、そのNMFのアミノ酸と非常によく似た組成をもつといわれ、肌になじみやすいのが特徴。

保湿機能、製品の抗酸化機能、紫外線吸収機能をもった、理想的な天然の保湿成分として注目を集めています。

こだわりの群馬県産シルク

海外産の原料が使用されることもある中、「SilQ シルキークリーム」は国産原料にこだわって、群馬県産のシルクを配合しています。

コエンザイムQ10ほか豊富な美容成分

クリームの中に見える黄色の粒は、コエンザイムQ10を閉じ込めたカプセル。肌につけたときにこのカプセルが弾けて、内部の成分が新鮮な状態で、角質層に届けられます。

さらに、スクワラン、ヒアルロン酸、プラセンタ、ツバメの巣エキスなど、豊富な美容成分が肌本来の働きをサポートするオールインワンタイプのクリームです。

SilQ シルキークリームを使ってみた

その昔、絹の製糸工場で働いていた女性たちは、長時間の水仕事を素手でしていたにも関わらず、冬でもその手肌はつややかで白く美しかったのだとか。その美しさの理由といわれるセリシンを配合した「SilQ シルキークリーム」を、荒れがちな冬の肌にさっそく使ってみます。

白とシルバーのパッケージは、どことなく絹の輝きや透明感を思わせます。スクリュー式のキャップを開くと内蓋があり、その上に小さなスパチュラが“ちょこん”と。

silq002

コエンザイムQ10の黄色い粒が、たくさん入っているのがわかります。

silq003

かなりこっくりと濃厚なクリームなのですが、肌の温度でゆるむ感じで、すう~っと伸ばせます。

silq004

パール一粒くらいの量を顔全体になじませます。はじめわずかに手のひらに黄色の粒を感じますが、その感触はすぐに消えて、サラサラと軽いつけ心地になっていきます。もちろん、見た目にも色が残ったりすることはありません。

silq005

SilQ シルキークリームの感想

「SilQ シルキークリーム」をつけた肌は、しっとりスベスベな感触に。表面の光沢が強調されて、肌に透明感がうまれて、明るくなめらかな印象になったと感じました。

コクのあるオールインワンなので、洗顔後はこれ1つでしっかりうるおうのも、うれしい魅力ですよね。「SilQ シルキークリーム」は、仕事に家事にと忙しく働く女性の荒れやすい肌も、シルクのようにつややかに美しい肌へと導いてくれるクリームです!

≫SilQ シルキークリーム ※販売終了

KTVオンラインモール