30代~40代におすすめの化粧水【敏感肌編】

現在、年齢を重ねるごとに肌が敏感になったと感じる方が増えています。「自分は敏感肌かも?」という自覚のある人は、約7割にものぼるといわれています。

そのような30代、40代といった世代の女性の敏感肌にぴったりの化粧水とはどのようなものなのか考えてみたいと思います。

敏感肌の30代、40代が化粧水選びで気をつけたいポイント

20代の頃は丈夫だったお肌なのに、30代、40代になったことでちょっとした刺激に反応するような肌質に変わってしまった、と感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

老化減少によるお肌のバリア機能の低下が招くこのような敏感肌。「年齢によるものだから仕方がない」と諦めていませんか?

キチンとしたスキンケアを続けることにより、老化を食い止め、バリア機能を改善することは充分可能です。その基本となるのが、化粧水。毎日使うものだからこそ、何を選ぶかはとても重要です。

1.防腐剤などの添加物が入っていない、もしくは少ないもの

敏感肌というのは、ちょっとした刺激に対してお肌が過敏に反応してしまう状態のお肌を指しています。

防腐剤、鉱物油、合成香料といった添加物は、お手頃な価格で、品質を保ったまま販売する化粧水には欠かせないものです。20代の頃は肌のバリア機能が正常に働いています。そのため、添加物の刺激を直接受けてしまうことはなかった方でも、年を重ねた敏感肌には直接影響を受けてしまうこともあるのです。

毎日、朝と夜に必ず使う化粧水だからこそ、そのような添加物のない、もしくは少ない化粧水を選びましょう。

2.低刺激でありながら、有効成分がきちんと入っているもの

店頭で販売されているたくさんの化粧水。そこに入っている成分は、どれもお肌に効果があるように思えて、何を選んだらいいのかわからないという方も多いことでしょう。

どのような成分が今の自分のお肌に必要なのか、把握していますか?そして、どのような成分が「必要ない」成分なのかを判断できますか?

敏感になったお肌のためには、なるべく低刺激なものが望ましいでしょう。皮脂を奪うアルコールなども、通常のお肌状態でしたら何の問題もありません。しかし、それらは敏感になった肌にとっては刺激となってしまうこともあります。

自然でありながら敏感肌によい成分が含まれた化粧水が望ましいです。水分量を保ってくれる成分、浸透力の優れた成分、抗酸化作用のある成分・・・どれも年齢を重ねた敏感肌にはとても効果的です。そのような有効成分が、お肌を正常な状態に導く手助けをしてくれます。

30代、40代の敏感肌の方におすすめの化粧水はこの2つ!

年を重ねた敏感肌にはそれに見合った化粧水を選ぶ必要があります。

そこで、優しい使い心地でありながら、有効成分をたっぷり含むことで定評のあるおすすめの化粧水を2つご紹介したいと思います。

プラチムαローション

プラチムαローションの商品画像

化粧水の主成分は、もちろん「水」です。そこで、その水にこだわった商品がこちら。
お肌に無理なくなじむマイナスイオン還元性水をベースとて作られた化粧水です。

「マイナスイオン還元性水」とは、通常の水を特殊な方法で電気分解して作られた水。この化粧水は、通常の精製水の約100倍もの浸透性を持つといわれています。イオン水なので細菌の繁殖が起こらないため、防腐剤・保存料を添加する必要がありません。お肌の上で弱酸性となることから、お肌に刺激を与えることもありません。

刺激によって荒れがちなお肌のキメを整える「α-リポ酸」、潤いのある肌を作る「白金ナノコロイド」といった有効成分が、マイナスイオン還元性水とともにお肌に優しく浸透して、健全なお肌作りを助けてくれます。

プラチムαローションの詳細情報はこちら

Lea care(レアケア) ミネラルローション

Lea-care(レアケア)-ミネラルローションの商品画像

低刺激・天然素材にこだわった化粧水がこちら。
精製水ではなく、地下深くから汲み上げたミネラルを豊富に含む温泉水をベースに使用しています。

ミネラルとは、ケイ素やリンといったお肌を構成する大切な要素。それらは新陳代謝を促進し、細胞の持つ保水力を高めるといった役割を持っています。それらに加え、この化粧水は抗酸化作用の高さから注目を浴びている「ゲットウハ(月桃葉)エキス」、自然派由来のヒアルロン酸などの天然成分をたっぷり含んでいます。

毎日使うものだから、なるべくならピュアなものを選びたいという方には、このアルコール・オイルフリー・自然派素材で丁寧に作られた「レアケア ミネラルローション」がおすすめです。

≫Lea care(レアケア) ミネラルローション ※販売終了

KTVオンラインモール