ジュエルスキン クレンジングバーム | 人気クレンジングを使ってみた感想

jewel001

肌にのばすと「とろ~り」とろける半固形タイプの「ジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)」は、落ちにくいメイクや角栓までも簡単に落とせるのに、肌に優しいと大人気。

私もこの「ジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)」で、いつも苦労しているアイメイク落としにチャレンジしてみました!

ジュエルスキン クレンジングバームの特徴

ジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)の特徴は、何といってもその使いごこち。半固形のバームが、体温で「とろ~り」と溶けながら肌のすみずみまで広がるその滑らかな感触は、まさに「新感覚」。

メイクも汚れも残さない

落ちにくいウォータプルーフのメイクや毛穴につまった汚れ、角栓までも、とろけるバームが絡めてサラリと落とします。素早くスッキリ、しかもW洗顔不要。

肌に優しい

85%が植物成分でできており、植物の力でメイクや汚れを落とすから、肌に優しく洗い上がりもしっとり。
しかも石油系の成分やパラベンなど6つの無添加で敏感肌にもおすすめです。

贅沢な美容成分

12種類の植物由来成分、シアバター、マリンプラセンタ®など美容成分を贅沢に配合。しっとりうるおいを残して、透明感のあるキメ細やかな肌へと導きます。

ジュエルスキン クレンジングバームを実際に使ってみた

ウォータープルーフのマスカラやアイラインなどは、“落ちにくくて”便利なのですが、それだけに“落としにくくて”苦労するのも事実だったりします。そこでさっそく、ジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)をアイメイクに試してみたいと思います。

ダイヤモンドが描かれたシンプルなデザインのジャー。使い始めに一旦フタ部分を外し、保護プレートを取り除いてから、スパチュラですくいます。ホイップタイプのバターのような感触で、サクッと削り取れます。

jewel002

「手、顔が乾いた状態で使うのがおすすめ」ということなので、乾いた手の甲にのせてみました。指で撫でると、すぐにスゥッととろけて乳液状に。グレープフルーツの爽やかな香りがふわっと漂います。

jewel003

とろけたジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)を、アイメイクになじませてみます。とろみがメイクに絡みやすく、10秒ほどでメイクの色が溶け出してきました。

jewel004

洗い流してみると、確かにしっかり落とせています。いつもは1回で落としきれずに、指でしごいたりしていたマスカラもスッキリ。ヌルつきも残らず、確かにW洗顔も必要ないようです。

jewel005

ちなみに…
もともとの仕様なのかは分かりませんが、スパチュラはフタの裏にちょうど収まるサイズなので、私はいつもパチンとセットしてからフタをしています。

jewel006

ジュエルスキン クレンジングバーム使ってみた感想

ジャーから半固形のバームを取り出すときは、どちらかというと重めの使用感を想像していたのですが、実際に手で溶かして使ってみると、とても軽くサラサラとした使いごこちに驚きました。

頑固なメイクもスルっと落ちるのに、洗い上がりの肌はしっとりして、突っ張ることもありませんでした。
いつも指に触れていた小鼻のブツブツ感も気にならなくなり、肌表面の滑らかな感触にうっとり…。

ジュエルスキン クレンジングバーム(クレンジング)は、「高い洗浄力」と「肌への優しさ」両方を兼ね備えた、心もとろけるクレンジングです!

≫ジュエルスキン クレンジングバーム ※販売終了

KTVオンラインモール